« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

消費税は預かり金ではない!

ここ2年、売上が激減し、その対応に追われて、消費税の課税業者であることすら忘れていたAさんに税務署からの通知。

「19年分の消費税の申告をしてください」

そういえば、17年はまだ1千万円超えていたんだ。仕方がない。

と、お客さんからまともにもらいもしない消費税の申告をやむなくした。

当然、払えるはずがない。

申告するその足で、分納の申請を・・・

ところが、署員は・・・・、

居丈高に「消費税は預かり金」「分割払いなど認められない」と署側の論理を振りかざすのみ。

すでに、申請をした民商会員は、スムーズに分納を認めたのに・・・・

署員によって対応が違うのか?

それとも、最近、特別な教育を受けて、そう指導するようになったのか?

・・・・・

消費税は、もらえることが保証されているわけではない。

もらえなかったら、身銭を切らなくてはいけない。

源泉徴収税のように支払うべき金額から天引きできるわけではない。

モータースさんの車検の重量税のように、外税で車検をする前にもらうものでもない。

ましてや内税。

転嫁できない中小業者にとっては「預かり金」、「預かり金的」とは程遠い。

そんな主張が当てはまるのは確実に転嫁出来る大企業だけ。

そんなことがわからない、経済を理解しえない人間が、税務署員をやっていていいものだろうか?

細かい点まで考えてみれば、消費税は売上が上がっている業者の場合は、課税は2年後に延期されるが、売上が下がっている業者にとっては、2年前が1千万円を超えていたら、たとえ売上が100万円、50万円に下がっても、課税業者にさせられ、納税させられる。ありとあらゆる面で弱者に冷たい税制だ。

こんな矛盾だらけの税制を大企業の論理にたって、「預かり金」だなんて脳天気に主張し、分納を認めようとしない署員は、人間性のかけらもない、人の痛みがわからない署員だ。

そうした署員に仕立て上げる、税務署の教育がおそろしい。

そういえば、以前は「納税者の生活、営業を保障する徴収を」と言っていたのが、小泉自公政権あたりから、「潰してもかまわないから取立てよ」に変わったとか。

後期高齢者医療制度にせよ、労働者(特に青年の)非正規雇用にせよ、生活保護の剥奪にせよ、弱い者いじめ、人でなしの政治・行政はこうしたところから生まれている。

その論理を新自由主義というとか・・・。

庶民の間の矛盾やねたみを煽って、どんどん悪法を成立させた。

その矛盾がいま大きく現れ、国民が気づき始めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

掛川税務署の強権的な取立てや調査で困ったら、すぐ民商へ

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青年部主催のボウリング大会・・・・

昨夜、青年部主催ボウリング大会が開かれました。

17名+子供4名が参加、楽しくリフィレッシュしました。

その詳しい内容はおって、青年部のブログで紹介されると思いますので、ここには載せませんが、写真だけ載せます。

優勝は、最近入会した若い会員さんの奥さんだったそうです。

Gazo275_0801 Gazo275_0831 Gazo275_0891 Gazo275_0931 Gazo275_0901 .

.

.

.

みんな青年部に入りましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県商工業交流・研究集会・・・・

昨日(4月20日)、静岡県商工業交流・研究集会が開催されました。

午前中の山本義彦静岡大学副学長による記帳講演と午後のテーマ別分科会でした。

Gazo275_0691山本氏は、経済動向を示す各種の図表を駆使しながら・・・・、

大まかに言って、アダムスミスの自由経済論を最初に資本主義経済学がスタートした。

資本主義経済は封建的束縛からの解放という前進面があるものの、もう一方、経済的格差・支配を再生産する経済システムである、と批判してマルクス経済学が生まれ、「社会主義国」が実現した。

一方、自由主義経済学者の側でも、資本主義的矛盾を是正する必要も認識され、ケインズ経済学が生まれた。

ケインズ経済学の行き詰まり、他方、ソ連に見られる、官僚主義化などによる社会主義的経済建設の失敗の中で、ケインズ学派のような大企業・大金持ちの「一定の」利益抑制・国民への「一定の」配分、福祉という政策でなく、むき出しの資本主義的経済政策で打開をはかろうとする経済学が生まれた。それを新自由主義経済学と言っている。

そうした経済政策の下で、中小業者・国民の犠牲は強まる。それに反対しているだけでは食べてはいけないので、なんとか工夫をして、売上確保をしていかなければいけないが、ことが、政治的政策に起因している以上、悪政との対決、是正なしには、本質的解決ははかられない。

など講演、中小商工業者・中小企業のたたかいの展望を報告しました。

午後の分科会では、それぞれに分かれて、起業した業者夫人の経験談、業者青年の希望に満ちた報告や悩み、商売の工夫・アイデアの交流、商売・生活・命を切り捨てる政府の社会保障・福祉の政策へのたたかいなど、楽しく話し合われました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPのトップページとイベントを更新しました。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

Gazo275_0652

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログのアクセス急増・・・・

ブログのアクセス数が急増しているので、何でかな?

と思っていたら、東京・荒川民商さんのHP担当者さんから「会員掲示板に(小笠掛川民商のHPを)紹介させてもらった。・・・・文章に不愉快を感じさせるようなことがあったら申し訳ない」旨のメールをいただきました。

早速、読んでみると、過分な評価。

ありがたいものです。HPのプロの会員さんから、率直で、過分な評価は頂くことは嬉しい限りです。

でも、ちょっと持ち上げ過ぎですね。

荒川民商さんのHPは、http://ara-min.com/ 、記事は、http://ara-min.com/cgi/sibu-bbs/topics.cgi です。

ご一読を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小笠掛川民商のHPは、こちらです。http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡県商工業交流・研究集会・・・

静岡県商工業交流・研究集会が、4月20日(日)午前10時~・午後1時~・静岡もくせい会館で開催されます。

午前の部は、山本義彦静岡大学副学長の基調講演ほか。

午後の部は、分科会による交流・討論

です。

ご気軽に、ご参加ください。

・・・・・・・・・・

「山梨の赤石温泉」さんよりトラックバックがつきました。

「赤石温泉」って、たくさんあるんですね。

たまには、温泉につかりたいなぁ~・・・・(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

労災保険年度更新手続き会・・・・

労災・雇用保険の年度更新の手続き会が各支部で行われています。

年度更新の手続きとは・・・・、

①2007年(平成19年)4月1日~2008年(平成20年)の間に支払った給与(建設業は元請工事高)に基づいて確定保険料を計算し、昨年払った概算保険料との過不足を清算する。

②2008年(平成20年)4月1日~2009年(平成21年)に予想される給与(建設業は元請工事高)に基づいて概算保険料を計算します。

もちろんその中で、事業主・専従者の特別加入の保険料も計算します。

今年は、建設業の方もアスベスト保険料の計算もあります。

でも、民商の会員さんはたいしたもので、かなりの方が自分でどんどん計算していきます。

「計算が面倒になったね」「アスベスト被害は政府の責任なのに、労災保険加入者に負担させるなんておかしい!」「計算終わったよ、見て~」とワイワイ・ガヤガヤと楽しく計算していきます。

「だって、自分で計算したほうが、保険料の計算方法が分かるから、納得できる」「工事が多くなりそうなときは、概算を上げおけば、不足分で困ることはない」「分からないまま取られるのはいや」などなど話しています。日ごろの自主計算運動のおかげでしょう。

もちろん、計算できない人も、民商の労災・雇用保険に入れます。誤解のないように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後期高齢者医療制度について、詳しい報告がありますので紹介します。

http://www.yuiyuidori.net/iryou-fukusi/kumiaiho/052/052_01.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御前崎市の市議選挙が終わりました。

「危険なプルサーマル計画が進められる中、原発の監視役を議会へ」「後期老齢者医療制度の廃止を!」と訴えた議員は、議員定数削減の中で、前回の1・4倍余の得票を獲得。前回よりも順位を上げて当選しました。

原発に賛成する人も、反対する人も、原発の安全を願うのは一緒です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建設業県知事許可の新規申請や更新には、市役所発行の身分証明書、及び、法務局発行の「登記をされていないことの証明書」が必要になりました。

その、「登記をされていないことの証明書」は、郵送の場合、東京法務局に申請することになります。

で、HPの「関係省庁・資料のダウンロード」のページに、新たに「東京法務局」を貼り付けました。申請書が必要な方は、上記ページより、東京法務局のHPを開き、「成人後見登記」を検索し、その開いたページの一番下に、「登記されていないことの証明書」をクリックしてください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

経営審査の申請書類のダウンロード・・・

建設工事の入札資格を得るためには、次の2つの事項がことが必要です。

①建設業県知事許可を受ける。

②経営審査を受ける。

この経営審査の書類について、今までは建設業協会などで販売していたものを購入していたのですが、今年からは、県(建設支援局建設業課の)HPからダウンロードするか、「経営事項審査申請要領」(発行・静岡県建設事業共同組合連合会、監修・静岡県建設部建設業室)の本からコピーすることになったようです。

そこで、すぐダウンロードしやすいように、民商のHPの「関係省庁・書類のダウンロード」のページの最初にリンクを貼り付けました。

ご利用ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御前崎市の選挙戦は、定数削減によって、いっそう激しさを増しているようです。

定数削減は、経費削減のためという・・・

しかし、すぐに議員・市長歳費(給与)を引き上げてはなにもならないし・・・、

なにより、定数削減をすればするほど、市政に対するチェック機能は低下し、民意は反映しにくくなる。

本来は、定数を増やし、議員歳費(給与)を減らすべきだと思うのですが・・・。

「何もやらない議員は減らせばいい」という気持ちから、定数削減を主張する方がいますが、それは、選ぶ人の責任であって、定数の問題ではないでしょう。

極端に言って、定数を1ケタ台にしても、何もやらない議員、悪いことをやる議員は生まれるでしょう。

議員に対する不満・不信感を、為政者の都合のよいように捻じ曲げ、定数削減に向かう。結局のところ、行き着く先はファシズムにならざるをえないのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

旧掛川市と大東町・大須賀町が合併して、新掛川市が出来ましたが、人口の違いは歴然で、結果として、旧大東町・旧大須賀町からの市議の当選は困難になりました。その上、また、その掛川市の議員定数を減らすと言う。

旧大東地域の人がつぶやく・・・・。

結局、旧掛川市の植民地、領地になっただけ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

他民商へ見学・・・・

昨日、拡大推進委員長と拡大担当事務局員が、春の運動で約50名の会員拡大を実現した浜松民商の拡大推進委員会の見学・学習に行きました。

浜松民商からも、こちらの各種セミナーのチラシや新規開業セミナーの資料が欲しいとの要請があり、持っていきました。

浜松民商の拡大推進委員会の役員さんの元気な発言、頑張っている様子を見て、拡大推進委員長も、拡大担当事務局員も、「よし、頑張るぞ」と元気と拡大の知恵をもらってきました。

いろんな他の民商のすぐれたところを学ぶことは、いいことですね。これからも、いろんな民商に学習しにいきたいです。

全商連総会、(及び、小笠掛川民商第40回定期総会)めざして、頑張りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

労災・雇用保険の相談が相次いでいます。

昨日も、安くて親切・丁寧な民商の労災保険に加入したいと入会しました。

労災・雇用保険のことは民商に、お気軽にご相談ください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後期高齢者医療制度の保険料・・・・

後期高齢者医療制度にもとづく保険料の通知が各該当者に来たようです。

高齢のお父さんを事業主にしているAさんには、14万円もの請求が・・・

他の人の無所得の人は3万円程度と聞く、酷い! 

「来年は、経営移譲して、自分が事業主にしよう」

「ところで、国保税はその分引き下がるのだろうか?」と。

国保税を扱う課に聞いたところ、後期高齢者に該当する方は国保税の人数割りからは、すでに引いてあります。事業主が後期高齢者に該当し、その方が所得・固定資産税の対象者の場合、国保税の計算からは外して計算することになります。とのことだった。

鵜呑みにしてよいか・・・本当にそなら、国保税が減り、後期高齢者保険料と国保税との合計額が今までの国保税と同じになるはずだが・・・・

「基本的な考え方はそうなんですが、まだ国保税については6月の本算定まで、正確な計算はしていない」というのが気にかかる。

この地域の国保税は値上げを予定されている。値上げ案を提案された保守系市議も、国保税は下がるはずなのになんで?と驚いていたそうだ。

ともあれ、社会保険の扶養家族になっていた75歳以上の高齢者は、確実に保険料が上がることは確かです。

後期高齢者医療制度の本質は、お年寄り(特にお金のない)が病院にかからないように、早く死ぬようにという制度。こんな、年齢で分断する保険は早く廃止して、大企業の大儲けに適正な課税をして、格差是正の政治に変えてもらいたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御前崎市の市長・市会議員選挙が6日告示されました。

この御前崎市も国保税引き上げが予定されているそうです。原発をかかえ、県下2位の財政力なのに・・・・

中小業者は不況で困窮している。

プルサーマル計画も怖い・・・

住民のくらし、福祉、安全を優先する議員・議会、市政を切に望みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPの若い会員・会員2世の写真換えました。

会員さんのお店の理美容のページの掲載者が増えました。ご覧下さい。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

労災・雇用保険の手続き、建設業県知事許可の変更届・・・

今朝、労災・雇用保険に加入したいので、と言う方が入会しました。

他の労働保険事務組合でやっていたんだけれど、保険料が高すぎるのでという話。

民商労働保険事務組合は、不況で苦しむ中小業者の立場にたって、相談に応じています。労災・雇用保険に加入したい方は、民商にご相談ください。

案外知られていないのが、雇用保険の事業主への各種奨励金。

例えば、母子家庭のお母さんや60~64才の高齢者、障害者を、ハローワークを通じて雇い入れると、仕事に慣れるための最初の1年間、正規雇用だと60万円、短期雇用でも40万円の奨励金をもらえます。

定年延長で奨励金、不況業種で雇用調整を行わざるをえない事業所への援助金、子育て支援助成金など、中小業者に活用できる制度があります。

(民商HPの「労災雇用保険」のページから事業主への奨励金・助成金の案内参照)

しかし、中小零細業者はあまり活用していないようです。

せっかくの制度です。どんどん活用しましょう。民商に相談すれば、詳しくお話します。

また、労災保険では、大手建設会社などで、特別加入の有無が確認されるようです。特別加入していないと、下請けとして契約できないと断られるとか。

小笠掛川民商労働保険事務組合に加入すると、事業主・専従者の特別加入、保険料の年3回分割払いなどができるようになります。是非、お気軽にご相談ください。

もう一つ、建設業の県知事許可の変更届けも、この時期です。

こちらの許可も毎年きびしくなったり、書式も変わります。また、労災雇用保険同様、親会社が許可業者かチェックするようになっています。

民商に相談して、新規申請や変更届、更新などの負担を減らしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後期高齢者医療制度がスタートしました。

可愛そうなことにさっそく該当することになった父に、送られてきた後期高齢者保険証を渡して、「毎月1回、病院に保険証を提示する時、これからはこの保険証を提示するんだって、それから、今まではボクの社会保険の扶養家族として、保険料は払わなくてよかったんだけど、これからは年金から天引きにされるよ」と話すと・・・・、

「ほとんど無い年金を天引きするなんて!」と絶句していました。

本当に可哀相なものです。長年農業にたずさわり、国民年金だけのわずかな年金収入。

結局のところ、ボクからのお小遣いを増やさなければなりません。

父の気兼ねと、ボクの財布の中身と・・・、本当にひどい制度です。

戦後の大変な時期を生きてきた、国の復興を支えてきた、そのために婚期も当時としては遅れた、そういう人に、国は冷たい。

自民・公明党は冷たい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民商会館に隣接する神代地川公園の桜が満開になりました。昨日までは風が強く、だれも来ませんでしたが、今日はお花見のシートが敷かれ、お弁当を食べるグループの方がみえました。

Gazo275_0631Gazo275_0621

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリン暫定税率期限切れ・・・・

長野の親戚からメールが届きました。「ガソリン128円で~す。(^^)/」(笑)

こちらも、ガソリン暫定税率の期限切れの影響か、昨夜のガソリンスタンドはガラガラ。

今日はどうだろうか?

蔵出し税のため、すぐには値下げできないというスタンドもあるものの、大半は値下げに踏み切っているようです。ここで、損をしても、お客を確保しておけば、再度税率が決まった時には、その直前に在庫を最大限増やせば大儲けできる、そんな計算も働いているのかもしれません。

福田首相は、「国民に混乱と迷惑を」などと陳謝しているようですが、一般国民には、さして混乱はおきていないし、不況の中、かえって、「ガソリンが下がって嬉しい」がほとんどの実感です。

地方自治体の財政問題もあり、いずれにしても、今後どうするかの議論となるでしょうが、59兆円もの道路特定財源のムダ使いにメスをいれ、「総額先にありき」の同法案の白紙撤回と、一般財源化が求められているところです。

参議院与野党逆転という,国民にとって有利な局面をおおいに活用して、税金の集め方、使い方の民主化をしてもらいたいものです。

そういう意味では、今回の暫定税率期限切れは、参議院選挙の成果であり、悪政に反対する国民の力の大きさを示すものでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPのトップページの若い会員・会員2世の写真変えました。昨年新規開業した超若い女性経営者です。会員さんのお店にも、掲載予定です。

労災・雇用保険の年度更新の手続き会の日程、建設業県知事許可の変更届の作成会の日程、「民商のイベント」に載せました。見てください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

伊豆の戸田からの春の富士山です(約2週間前)。残念ながら、富士さんの上にある枝の桜の開花ははまだでした。

Gazo275_0271 Gazo275_0252

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »