« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

食の安全・・・・・

昨夜から今日のニュースの話題は、中国産冷凍食品の農薬混入。

今朝のニュースでは農民連の役員の方が出て、中国野菜や輸入食料品の危険性を話してくださったが、本当に背筋がさむくなる思いです。

本来は、日本の農業をもっと振興させ、生産性を上げて、需要に答えるようにすべきなのに・・・・、

「安さ」「工業製品の輸出と引きかえ」・・・などから、大商社が農産物を輸入する→国内農家の打撃→農家の廃業→農業生産性の後退の悪循環が繰り返される。

そうした問題を食の安全から警告するような事件だ。

それにしても、「食の安全」を運動の一環にし、一番問題視すべき生協の販売品から事件が起こるなんて、まあ、「安かろう、悪かろう」の大商社のやり方をそのまままねしていた生協運動の問題を垣間見た感じである。

生協を利用している知り合いに、大丈夫?と聞いたら、「うなぎ」事件から中国産は買わないようにしているから大丈夫、とのこと。

まあ、最終的には、自己防衛しかないのか・・・・?

否、やはり、輸入・販売店や生協は、社会的責任として、もっと食の安全に注意すべきだろう。「大丈夫だと思っていた」などという言い訳は、通用しないはずだ。

それにしても、中小業者(飲食店)がノロウイルスなどで食中毒などだそうものなら、即座に営業停止。関係者に謝罪し、損害賠償をして、廃業まで考えてしまうのに・・・・・

営業停止はない。

政府の対応も「自主回収まかせ」で遅い。初めてでなく、すでに何回か起きているのに、である。

政府も、生協も、輸入商社も、どうであったのか・・・

まあ、アメリカ産の牛肉を圧力に負けて解禁してしまう政府だから、中国にも、輸入商社にも弱いというところか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い会員・会員2世の撮影・・・・

若い会員・若い会員2世の写真のストックがなくなったので、撮影に行ってきました。

ネールアートをやっている女性、和食料理の青年板前さん、・・・・

みんな生き生き、良い顔です。

今後の掲載をお楽しみに!

なお、これまでHPのトップページに掲載した青年は、「民商って何?」の「若い会員・会員2世」に掲載してあります。ごらん下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野田民商さんからトラックバックです。

奇しくも、野田さんも風邪とか、(きっと、なにか縁があるんでしょうかねぇ~(^^)/)、お大事にしてください・・・

これから時期休めませんものね。

しっかり休んで、完治させましょう。お互いに。

ボクの方は、昨夜早く寝てたら、今朝はすっきりでした。

もっとも、まだタバコは不味い。このさい禁煙した方がよいかも?です。

でも、事務所でただ一人、頑固に吸い続けています。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPの「会員さんのお店」の「飲食店」を更新しました。ごらん下さい。

まぼろしの高級魚クエをお値打ちな料金で食べさせてくれる店です。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪・・・・

なんか、猛烈に風邪になった感じです。首が痛い、喉が痛い、鼻水がでる・・・・

つらいです。

みなさん、気をつけましょう。

・・・・・・・・・・

先日記載した掛川市民総合病院を充実し存続を求める会の代表委員の名前、誤記してました。将時→正時の間違いです。

改めてお詫び申し上げると同時に、コメントいただいた方、教えてくださってありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

始めての新春・名刺交換会・・・・・

昨日、1月27日(日)午後1時30分~午後4時30分・たまりーなで、新春・名刺交換会が開かれました。

この名刺交換会は、「他団体の交換会のようにやっても、ただ、知り合いや仲がいい人がグループになってしまう。工夫を」と経営対策部の役員さんが部会で検討を重ね、次のように取り組まれました。

3_5_11 第1部=代表3名の方に自分の商売の工夫やアッピールを話してもらう。

第2部=分科会で、3_2_2w1 全員の方の自己紹介や商売のアッピール、商売の工夫など話してもらう。

(事前に頂いた名刺の一覧をコピーして、配り、それを見ながら)

第3部=パーティ形式での名刺交換。食事会やゲーム(持ち寄った商品を景品に)など懇親。Gazo274_1051

いわば、「私の商売自慢を話す会」と「商工交流会」と名刺交換会をミックスした会です。

こうした工夫で、「いろんな商売の工夫を聞いて参考になった。参加してよかった。」「いろんな商売の人と知り合えてよかった」「販路が増えた」など充実した会となりました。何よりも、事前の語る会や話し合いを通じて親密感が増し、最後のパーティ形式での名刺交換もばらばらなでなく全員が交流。満足顔で解散しました。

チラシを見て参加させてと加わった、2名の読者の方も、「よかった。またやって」と話していました。

何よりも、この名刺交換会で、商売を通じての人と人との繋がりが生まれました。

運営した役員さんたちも満足顔で、「良いスタートになった。また、やろう」と話し合いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

掛川市立総合病院を充実し存続させる会の総会・・・

先日、学習会について書きましたが、そのあとの総会について書き忘れました。

掛川市立総合病院を充実し存続させる会の役員体制と運動方針は、次の通りです。

代表世話人

塩沢忠和氏(弁護士)、富口正治氏(元掛川市収入役)、三倉将時氏(医師)

事務局団体

掛川市立総合病院職員組合、掛川市立病院非常勤職員労働組合、小笠・掛川地区労働組合連絡会、小笠・掛川民主商工会、新日本婦人の会掛川支部、日本共産党掛川市委員会、静岡自治体労働組合総連合

事務局長

大島正史(静岡自治体労働組合総連合書記長)

運動方針

①「掛川市立総合病院を充実し存続させる署名」をさらに集めていきます。

②市内全域に会のポスターを貼りだしていきます。

③各団体、各地域ごとに学習会を開催し、市民に情報を発信していきます。

④各町内を訪問しながら、アンケートや町内ごとの学習会を開催していきます。

⑤市立病院と市の財政分析をすすめていきます。

⑥市民や病院利用者の要望をあつめるためアンケートをしていきます。

⑦国や静岡県、各市、各市議会、新病院建設協議会、各病院など様々な団体に会の要望を要請していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、最初から統合ありきの掛川市政の言うままになっていたら大変です。

市立総合病院を充実し、存続させるために、ともに頑張りましょう。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

掛川市立総合病院を充実し存続させる会の学習会

昨日1月22日(火)夜7時、掛川市立総合病院を充実し存続させる会の学習会・総会がありました。

会場となった掛川生涯学習センター第4会議室(定数100名余)には、病院問題を心配する民商会員や住民、看護士・検査技師など医療労働者等がつめかけ、満杯状態。

学習会の講師は自治労連の田中章史副委員長。

講演の内容は、1.「三重苦」にあえぐ自治体病院の原因と状況について、①自公連立政権が進めた「医療の構造改革」、②自治体合併の下で進む自治対病院の廃止・縮小・民営化、③「医師確保が困難」が、病院の縮小・統合に拍車、と解明しました。その医師不足について、2.「絶対的不足」と「相対的不足」が同時進行しているとし、人口1000人当たりの医師数が諸外国に比べ、かなり少ないこと、その原因が自民党政府・財界が進めた医師数抑制政策にあること、及び、勤務医の過重労働などから「やる気をなくして」の開業医化がすすんだこと。3.こうした問題を統合で解決しようとした動きがあるが殆どは失敗していると、具体的に、山形県置賜地域、岩手県釜石市、京都府鶴舞市、佐賀県武雄市、長野県信濃町の病院の実例を紹介した。最後に、4.私たちが考える医師不足対策と地域医療充実のための運動として、①医師の絶対数が足りないこと、勤務医の労働過重を政府に認めさせ、「医療抑制」の閣議決定を見直させ、勤務医の労働実態を改善すること。②自治体病院は住民の財産。住民と職員が力を合わせて経営改善や病院改革を。③マスコミも少しづつ、問題の本質を取り上げ始めた。しかし、まだまだ、知らない人が多い。住民の財産である自治体病院を守るため、みんなに知らせよう。と呼びかけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPイベント案内に2・8全国中小業者決起大会の案内を載せました。ごらん下さい。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い夫婦・・・・

突然、若い夫婦の方がみえた。

現在サラリーマン。新規開業したいという。

新規開業資金の融資の話、事業計画の大切さなどを話す。

二人の話の中で有利な側面と不利な側面、両方見える。

夢をかなえたい、熱意は強い。

その実現まで、協力者を増やしたり、仕入先やお客さんを集める研究・工夫を考えたり、かなりの努力が必要になるだろうが、何ヶ月もかかっても、その夢を実現させて欲しい。

話の中で、民商ってどんな会?と聞かれる。

国からお金をもらわない団体、だから、国に対して文句も自由に言える、税務署にも文句を言える。消費税増税にも反対できると話す。

自分達の趣味に合う、会費はいくらかと聞かれる。

すぐ入ってもらえたらうれしいが、まだ、開業までにすべきこと(具体的でシビアな計画とその実践)があるし、会費も4,000円だから、しばらくは400円の商工新聞を読んで勉強しようよ、もちろん、開業前に相談は気楽に来ていいよ、と勧める。

わかったと、購読してくれた。

商工新聞を読みながら開業した人は、失敗は少ない。

小笠掛川民商には、そういう、読者がかなりいる。

今週の「若い会員・会員2世」もそのひとり。約1年半商工新聞読者でいて、目途がつき開業しました、入会します、と入会した。その後は順調。どんどん業績を上げている。節税対策もばっちし!

商売をやるには情報を得ることが大切。そのためにも商工新聞を読んだり、学習会に参加したり、班会やいろんなチャンスを生かして、商売を順調に伸ばしている会員さんなどの話を聞いたり・・・・

頑張れ、若い夫婦さん。夢をかなえるため、頑張ろう♪

民商は最大限援助します。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝・・・・

駅前のブティックさんが、お客さんで確定申告で困ったいる青年を連れてきてくださった。

さっそく、入会。

一昨日も、青年会員の紹介で1名入会。

今週だけで2名が入会です。

でも・・・・、

もう一方、重油代の高騰から廃業・退会など、退会も続々。(泣)

世相を反映します。

中小業者切捨て・農業切捨ての悪政からなんとかして、営業と生活を守りたい・・・・そんな思いも、中々叶わず、まだまだ、運動の足りなさを痛感します。

そんな中で、1月27日昼1時30分・掛川市たまりーなで名刺交換会を行います。売上確保・経営改善のひとつとして、自分の商売を積極的にアッピールしましょう。

また、2月29日夜7時・掛川市生涯学習センターで、後期高齢者医療制度の学習会を開催します。ぜひ、ご参加を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤枝市立病院で産婦人科が休診になりそうだとの報道が静岡新聞に載っていました。

保険料ミス請求の問題もからんでのことかどうかはわからないが、自民公明政権の医師を減らすとういう悪政が背景にあることは確かでしょう。

どうあれ、困るのはいつも市民です。

Sucanbyouinsoukai11 掛川市立総合病院の統合移転問題で「掛川市立総合病院を充実し存続させる会の総会」が1月22日(火)午後7時・掛川生涯学習センター第4会議室で開かれることになりました。この総会では、「合併で市立病院はどうなるのか」田中章史自治労連副委員長も講師として参加します。市立病院問題で不安や疑問を感じている方は、ぜひ、ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅取得借入金控除・・・・

税源移譲で、住宅取得借入金控除が税額を超えた場合は、住民税から控除できることになっていますが、掛川市ではその申告書がいっせいに送られてきました。

住民にとってはなんのことかわからず、こんな書類がきたけど、一体何~?

理由を説明すると、なるほど、でも面倒くさいね、と。

確かに・・・、

そこで、市役所の税務課の職員に、源泉徴収票にも記載してるし、どうして確定申告をしなければならないの?自動的に市役所で計算できないの?と問い合わせた。

市職員曰く、申告してもらわなければ、控除できません。というだけ。

何のために、源泉徴収票に記載するのか分からない。

もう一方、御前崎市はもっとひどく、説明文を送って、「申告したい人は、税務課へ申告書を取りに来てください」と!

要は、住宅取得控除の住民税控除をさせたくない、みたい、ですね。(苦笑)

今までは、所得税を気をつけていれば殆どよかったけど、これからは市・県民税もちゃんとチェックしないと余分に取られるおそれがあることは確かでしょう。

気をつけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やすみ・・・・

しばらく、日記おやすみしてごめんなさい。

やはり、年末調整の自主計算会は、ちと、疲れます。けっこう昨年の税率で計算してくる人、地震保険の扱いなど、間違えている人が多いですね。

それに、8日までの日程でしたが、忘れちゃった~と、9、10日にも続々と・・・(苦笑)

おまけに風邪の菌を持ってくる人もいて(笑)、ダウンしました。

そんな中、あたふたと常任理事会資料を作り、三役会・常任理事会・・・、つたない資料でしたが・・・・、

①参議選で与党を過半数割れに追い込み、国民の声を聞かざるをえない国会にした。

②にもかかわらず、消費税増税・新テロ特措法成立、憲法改悪を狙っている。

③税源移譲・定率控除廃止・減価償却改定で、自主計算が面倒になる。

④消費税改悪後3回目の申告で、申告後、税務調査が増え、いっそう権力的になるだろう。

⑤中小業者切捨て政策の中で、売上減少や経営難で苦しむ中小業者が引き続き増え、高齢者を中心に廃業も増え続ける。もう一方、消費税による外注化やリストラなどの雇用情勢の中で、新規開業も増える。

こうした今年の情勢の中で・・・・、

①悪政を追い詰めた私たち自身の力を確信に、署名を集めて大企業・大金持ち減税の是正、消費税増税反対・住民税を元に戻し・後期高齢者保険の凍結廃止など社会保障の切捨てをやめて充実を」の世論を高めよう。

②「日常的な自主計算活動を」の本の学習や改定減価償却の学習などして、「さすが民商の会員は税金のことをよく知っている」と会外業者に一目おかれる会員になろう。

③自分の商売のアッピール売上確保・経営改善の運動として、経営対策部主催で名刺交換会を取り組もう。

④社会保障があってこそ、みんなが潤ってこそ商売繁盛。後期高齢者保険の学習会も共済会主催で開こう。

⑤経営なんで困っている中小業者や、新規開業した業者を助け、仲間をう~んと増やそう。

こうした三役会の呼びかけに、みんな、「よしよろう!」燃えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉の野田民商さんからコメントです。

つたない資料でしたが、参考にしていただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三連休・・・・、

第一日目は、風邪の疲れのため昼まで寝て曜日(笑)。のんびり起きて、遅れた商工新聞ポストおろしで役員さん配達当番さんを回りました。

第二日目は、絶好の釣り日和、体調も戻り、精神的リフレッシュをと、朝、アマダイ・イトヨリダイねらいでボートを出そうとしたけど、エンジンがかからない(泣)。エンジン修理で1日終わる。

第三日めも、直ったからとエンジンかけようとするが、昨日ようやくかかったのにかからない。あう・・・ストレスたまります。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民商HPを更新しました。ごらん下さい。

写真は、民商青年部長。まじめでやさしい不動産屋さんです。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末調整の自主計算会・・・・

昨日、今日と(支部によっては明日も)年末調整の自主計算会です。

みんなでワイワイガヤガヤと教えあいながら、年末調整をやりあげます。

年末に開けれた「源泉税の年末調整がわかるセミナー」に参加した人は比較的スイスイできるのですが、そうでない人は、昨年と同じように税率一律10%で計算したり、短期損害保険を控除してしまったり・・・・、大変です。

でも、しっかり家でやってきて、最終確認だけの人などが先生役になって、「こうやるだよ」「今年、税源移譲で税率が変わったの。税率は『日常的な自主計算活動を』の35ページの上に載ってるよ」「定率控除は廃止になったの、ひどいでしょ」などと進み、大勢の人もいっぺんに完成していきます。

「なんか、毎年、税金は上がるし、計算は面倒になる」とは、参加者一同の感想です。

そうこうしていると、昨年入会し、今年、年末調整を初めて計算しなくてはならない人から他の用事で電話です。年末調整をやらなくてはいけないいんだけど・・・・の話に、えっ、そうなの?

早速来てもらい、年末調整のセミナーの資料をとりあえず読んでもらっていたら、どんどん自分で計算し始め、やりあげてしまった。(驚)

来年から、先生だね、の声に、笑顔のVサイン。

わが民商の年末調整がわかるセミナーの資料は、けっこう好評で、他の民商や県連の学習資料に使われています。

無料です。欲しい方はどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (2) | トラックバック (2)

明けまして

おめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

私事ですが、年末~年始に長野にスキーに行ってきました。ちょうど大雪が降った時期で、スタッドレス(ボクはチエーンでしたが・・・)の車さえスリップする雪、屋根に積もった雪に、雪国の大変さを思い知らされました。

雪の降らない静岡では、かざはなくらいの雪でも、珍しがって子供は(大人も)大喜びするものですが、雪国では「また雪か~」とうんざり顔。大変に思う気持ちが吹雪の中で車を走らせ、少しは理解できたかに思いました。

でも、不思議なことに、その雪の中ほど、夏に行った時よりも、活気が感じられました。雪国の活力なのでしょう。

今日から活動日記のデザインを変えましたが、普通はこの時期、もっと暖かな雰囲気の方が良いかも、と思いましたが、このデザインにあえてしました。

風雪をはね返すバイタリティを雪国の人からもらい、頑張らなくては!の思いからです。

今年も、頑張りましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPトップページの若い会員・会員2世の写真がかわりました。

ごらん下さい。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »