« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

暑い・・・

暑い毎日が続きます。お体に気をつけてください。

暑い夏といえば、税務調査の真っ盛り、改悪消費税体制の下で、事後調査が急増しているようです。

一般の調査は人事異動直後から始まったようです。

民商会員への調査は少し遅れて7月末から来始めました。まだ、少ないですが・・・・、

会外、会内とも、今後急増するでしょう。十分注意してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月からトップページの青年が替わります。菊川市で美容室を経営する青年業者です。

ご覧ください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙結果・・・・・

自民公明政権への国民の怒りが爆発して民主党に流れ、与野党逆転となりました。自民・公明の横暴な政治にストップをかけたという点で、国民の大勝利でしょう。

一方、憲法9条改悪反対を党の方針とする、共産・社民両党がこうした流れの中で、得票数の増減はわかりませんが、得票率や獲得議席数を減らしてしまったことは、今後の憲法改悪問題や消費税増税問題、原発の安全性の問題などで一定の不安をもたらすものです。

国民にとって有利な条件を生かしながらも、改憲・消費税増税の方向に向かないように注意し続けることが、私たち中小業者・国民にとって必要だと感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月に入って、相互リンクが増えました。

浜松民商さんと大阪北区民商さんです。

それぞれ素敵なHPを作っていますので、小笠掛川民商HPの「全商連・各地民商」のページから、浜松民商さん、大阪北区民商さんのHPをいちどご覧になってください。(^ ^)/

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ投票日・・・・・

いよいよ投票日ですが、今回の参院選、「政治とカネ」「消えた年金」「消費税率引き上げ」「憲法9条改正(改悪)」など、争点になっていますが、今度選ばれた議員が「消費税率引き上げ」や「憲法9条改正(改悪)」を審議・決議するだけに、自分の営業とくらし、日本の平和にとって重大な選挙となるでしょう。

それだけに、せっかくの一票を大切に行使したいですね。

すくなくとも、投票した政党・候補によって、自分自身の営業とくらしを苦しめられる結果にならないよう、政策や行動をよく見つめた上での判断が必要でしょう。

結果は最終的には、自分や自分の子供、孫達に降りかかって来るわけですから。

1_5_2

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

頑張っている野田民商さんのブログ紹介です。

http://blogs.yahoo.co.jp/ksdqr194/archive/2007/7/27?m=lc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊橋民商さんからお礼・・・

昨日、ブログを書こうとしたら、開かない、お世話になっているココログさんの定検の関係でしょうか?

で、昨日分。

豊橋民商の事務局長さんから電話、他県の民商さんだから、また観光案内だろうかと電話に出たら、「おたくの民商の青年部長さんが紹介してくれた方が入会しました」「ありがとうございます」と丁寧なお礼。

青年部長さんの会員拡大はこれで二人目。すごいです。

民商・全商連はひとつ、全国の民商が心を合わせて、紹介しあうのは本当にいいことですね。

追伸

今日、こちらの民商でも1名入会しました♪

法人の会員さんです。(^^)/

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸出戻し税・・・

夜、読者さんから、問い合わせの電話。

「輸出戻し税について話題になったんだけど、うまく説明できないから、しくみの説明の仕方と、トヨタなど大企業の消費税還付額をおしえて」という。

急いで、ネットで調べると、あるわ、あるわ、怒りのブログが一杯。(笑・当然だよね。)商工新聞の湖東論文とあわせてダウンロードして渡す。

消費税の輸出戻し税のしくみを見れば、世の中の「政治と経済、政治とカネ」の仕組みが一目瞭然!

でも、知っている人少ないよね・・・。

意図的に知らせないんだろうね・・・・。

「輸出戻し税」一度、検索してみてください。

トヨタさんは、約2,300億円。輸出大企業上位10社で、約8,730億円。われわれが毎日支払っている消費税のうち20%は財界への還付になっているって、知っていました~?

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKの取材・・・

昨日は、NHKの取材でした。

「候補者を囲む業者後援会の集まり」の取材ですから、民商としての集まりではありませんが、小笠掛川民商の会員さんが多数出ました。

放映は24日(火)18時・NHK県内版だそうです。よかったら、ご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は、共済会の拡大行動もありました。成果は共済3名加入、読者1名拡大でしたが・・・、

訪問した先々で、「選挙で来たと思った」「カンパを持っていってくれんか」など、共済よりもそちらの話でいっぱい。「みんなの怒り、政治意識はすごい!」参加した事務局員の話です。

みんなの気持ちが集まって、中小業者の願い、怒りが反映した国会をつくりたいものです。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

追伸

野田民商さんが消費税増税についてブログで吼えています。アクセスが1日で155もあったそうです。(驚)これまでの最高だそうです。

紹介します。

http://blogs.yahoo.co.jp/ksdqr194/archive/2007/07/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン記帳

今日、今年から自分が代表取締役になり、会計も任されることになった業者二世の青年が来た。

勘定科目・補助科目の設定や開始の金額を法人決算(5月決算)の資料をもとに入力。

その後、現金出納帳や預金通帳を見ながら、今期のデータを入力しました。

「始めての会計入力で不安だったげど、これならやれる」と自信をつけて帰りました。

皆さん~、記帳の相談は気軽に民商にしてください。(^^)/

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

掛川税務署の事後調査開始・・・

掛川税務署は7月初旬、職員の人事異動を終えて、すぐさま税務調査に着手したもようです。

民商は、「改悪消費税体制の下で税務署の事後調査が急増するだろう」と注意を喚起してきましたが、昨年~今年にかけての掛川税務署のこの動きは、こうした民商の指摘を裏付けるものです。

消費税はもともと、弱者イジメの税制です。改悪消費税は、業者を通じて消費者から消費税をたくさん取るという制度です。また、消費税の転嫁は、あくまで、期待されているだけであり、その業者が販売力がなければ、当然のごとく、中小業者自身が自腹を切らざるを得なくなる悪法です。

こうした天下の悪税の制度が成立すれば、それは事後調査の急増に直結します。

税務情勢を正確につかみ、悪税に負けない事後調査対策を準備しましょう。

税務署の事後調査で困ったら、すぐに、民商にご相談ください。

また、HPの「税金対策」のページで「納税者の権利」を学習し、対策を強めましょう。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟・長野 大地震

昨日、新潟・長野北部地域で大地震が起きた。死者9名、ケガ1,000名余、破損した家屋多数という。

被災された皆さんに、心から、お見舞い申し上げます。

また、被害に遭われた現地の民商会員みなさんに、心から、お見舞い申し上げます。

私事で申し訳ないが、先々週に長野市で結婚式をあげた娘の、旦那さんの実家が長野北部のため、ボクの妹が「長野北部で大地震だって!ニュースみた?」とあわてて電話をよこした。まだ見ていなかったため、TVをつけニュースを見る。柏崎原発が黒煙を上げていた。

あわてて、実家に様子を聞く。幸い実家やその親戚は無事だったそうだが、あまりにもひどい揺れで「動けなくなった」との話だった。余震もまだ続き、不安を訴えていました。

柏崎原発の火災は原発内部へ電気を送る変圧機の火災だったようですが、だとすると、発電の緊急停止(制御棒の緊急挿入)に相当な負荷がかかり、変圧機がオーバーしたことが予想されます。また、放射能の海への流出は、冷却水関係の管の亀裂や破損が想定されます。報道によると、原発の想定ガルの2倍が記録されているとのこと。なんとか制御装置が作動して重大事故には至らなかったものの、放射能の海への流出とあわせ、原発の耐震性についての見直しが迫られます。その、危険性の重大性は、首相が一番最初に柏崎原発を訪れたことでも明らかでしょう。

当地でも、東海大地震が予想される中、浜岡原発があり、プルサーマル計画を国が認可したばかりだけに、他人事ではありません。

それにしても、首相が直ちに現地にかけつけた割には、食事などの救援物資の手配が遅くなったことは問題だと感じました。午前10時過ぎに地震発生で、午後9時過ぎまで11時間も食事・水分が取れない状態はいかがなものか。現地の深刻な状況は刻々と伝えられるのに、あまりに遅い。もちろん、地震による道路の寸断は理解できるが、ヘリこプターによる物資輸送は可能のはずだし・・・、そういった指揮は直ちにやるべきだったと思う。パフォーマンスでない真の救援を望みたい。

また、こちらの地域は、東海大地震の危険ということで、裏山があるところは家を建てられない、建てるとしたら県の助成金があるコンクリート壁による防災工事を施行する。耐震診断(小笠掛川地域では、建築士の民商会員さんの少なくない方がこの仕事にかかわっています。)と耐震補強には助成金が出るなど、国・県・市の施策があるが、新潟や長野、他県ではどうなんだろうか?

今回の地震で亡くなった方はお年寄りばかり、耐震強度のない古い家、1階、10時過ぎの時間帯に家に居るという悪条件がかさなっているのが見える。耐震強度のある家に住みたくても、お金が無い、そうした社会的弱者に犠牲はいつも集中する。

阪神・淡路大震災からもう十数年が過ぎ去ろうとしているが、震災の教訓はまだまだ完全に生かされているとは思えない。

亡くなられた方々にのご冥福を心からお祈りしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民商HPのトップページの写真変えました。イベントも更新しました。ごらんください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの観光・・・・

「夏休みに、御前崎の海水浴に行きたいので、場所はどの辺か」との問い合わせが長野県の飯田民商の会員さんからありました。

電話で地図を説明するには大変時間がかかるので、「飯田民商さんに頼んで、小笠掛川民商のHPを見て、地図等をダウンロードしてください」とお願いしました。

すみません。

これから、そういう問い合わせが多いかと思いますので、「関係省庁の・・・・」ページに、御前崎市観光協会、菊川市観光協会、掛川観光協会、それと、島田民商の対象地域ですが、牧之原市相良観光協会、牧之原市榛原観光協会のHPを掲載しました。

ご覧ください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田民商さんから

メールが届きました。

コメントつけようとしたけど、うまくいかなかったとかで。

頑張っている野田民商さんのブログを覘いてみませんか?

http://blogs.yahoo.co.jp/ksdqr194/archive/2007/7/12?m=lc

です。

小笠掛川民商のHPも見てね。

Youkyuu05

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

映画「日本の青空」の入場券(前売券)が届きました。ごらんになりたい方は、民商へご連絡ください。

ポスターはこれです。

Sucannihonnnoaozor11_1 Sucannihonnnoaozora31_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日は、参議院選挙の公示日

いよいよ、明日は参議院選挙の公示日です。

今度の選挙、平和の問題でも、消費税増税問題でも、政治とカネの問題でも、「消えた年金」の問題でも、今後の日本を左右する本当に大切な選挙です。

それだけに、大事な1票を大切に行使したいものですね。

国会では、赤城農水相の事務所費疑惑が問題になっています。

中小業者の税務調査では領収書だけでなく請求書や預金通帳など証拠の開示が求められるのに、大臣・国会議員は示さなくてよいとは!

あきれて、物も言えません。

そうした居直りを、首相が認める。

いったい、日本はどういう国なんでしょうか?Gazo274_2371

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源泉税の上半期納付の最終日

今日は、源泉税の上半期納付の最終日ということで、計算会の日程は昨日までに終わったんですが、やり終えていない人がバラバラとみえました。

半期源泉については、ほとんどの会員さんは慣れたもので、計算会場へ来ずに、自分でやってしまうようです。

来る方も、ほとんどが自分でやってきて、最終確認だけの方がほとんどです。日ごろの自主記帳のおかげでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日載せた「親会社の下請け会社つぶし」の記事や縣さんに、声がよせられています。

「ひどい、こんなこともあるんですか?」「三共水産㈱って、日本水産の子会社?」「元従業員だけど、あそこのやり方は血も涙もないからね」「応援するよ」「いままで支えてきた人を冷たく切るなんてひどい」・・・・

特に、三共水産㈱を知る人(社員も含む)からの応援や不当・違法行為についての告発情報が寄せられています。

三共水産㈱の社長は、先日行われた株主(元常務)を交えての交渉で、「契約解除のことは三共水産㈱が悪かった。」と発言。株主も「白紙に戻してもと通りの下請けを」と進言しました。

また、その日の夜、社長婦人から涙ながらに「チラシをみて驚きました。本当に申し訳ない。縣さんもご存知の通り、我が家では主人が社長になることを反対した。恐れていたことがおきたようだ。本当にご迷惑をおかけしてごめんなさい。」と謝罪の電話をよこしました。(縣さんは、「ご主人を恨んでいるわけではないし嫌っているわけではない。ご主人はウソをつけない人だ。だから、今回の契約解除問題も、後ろめたさを持って話してきた。でも、これは会社と会社との問題だ。ただ、三共水産㈱が会社として、不当な行為を謝罪しない限り、批判しなければならない」旨、説明したようです。)

これらの発言は、三共水産㈱の首脳陣自身が、今回の下請けつぶしについて、100%三共水産㈱に問題と責任があり、静岡市場荷役㈱にはまったく落ち度がないことを認めるものです。

それにしても、政府の定年延長政策がもとで、下請け会社がつぶされる。なんか・・・・、

定年延長政策の片手落ちを感じます。「自社の定年延長を理由に下請け会社との契約解除をしてはならない」なんて通達を出すべきでしょうね。

もっとも、三共水産㈱には、過去から現在に至るまで、まだまだ多くの疑惑や不当行為が事実としてあり、今後、次第に明るみに出るでしょう。

だいたい、従業員の団結権を認めない風通しの悪い会社、問題がおきても顧問弁護士まかせで自浄能力がない会社が、中央卸売会社の認可を受けていること自体が問題でしょう。

静岡市民の食の安全を考えると、寒気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田民商さんから資料届きました。

住民税の大幅アップ問題で学習会を重ねている野田民商さんにお願いして、その資料を送ってもらい、今日(?・・・土曜日かな?)届きました。野田民商さんありがとう♪

いろんな民商の取り組みを知ることは、大変参考になります。今後ともよろしくお願いします。

今日は、源泉税の上半期納付の計算会です。みんな、源泉税が安くなったことより、その数倍も住民税が上がったことへの怒りを、口々に話していました。

「消えた年金」問題。「格差社会」問題、「庶民大増税」問題、「政治とカネ」問題、いやな政治が続きます。

今度の参議院選挙、選ばれた人が、憲法9条改悪や、消費税率引き上げを審議することになるという。それだけに、国民にとって本当に大事な選挙です。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親会社の下請け会社つぶし

私どもの民商の会員さんがいま、親会社の下請け会社つぶしとたたかっています。あまりの仕打ちに、怒った会員さんはチラシを作り、会社周辺や取引先に足が棒になるまで撒きました。そのビラの内容は次の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなことがゆるされるのでしょうか?

三共水産㈱の不当な下請け会社つぶし

 三共水産㈱は、自社の従業員の定年延長問題などを解決するため、下請け(社内外注)の静岡市場荷役㈱に契約解除の相談を申し入れました。静岡市場荷役㈱の仕事先は100%三共水産㈱であり、その契約解除は静岡市場荷役㈱の経営を困難に陥れ、事実上の会社つぶしです。しかも、静岡市場荷役㈱になんら落ち度がない、三共水産㈱の内部的な問題を下請企業に押し付けるまったくの不当な行為です。

公式交渉前に「静岡市場荷役㈱をつぶす」とリーク

 しかも、その正式交渉前に、「静岡市場荷役㈱をつぶす」「仕事を知っている従業員は三共水産㈱が雇う」と市場関係者や荷主などにリーク。静岡市場荷役㈱の従業員に動揺を与えて、静岡市場荷役㈱を経営困難に陥れました。

契約日は10月31日なのに、6月30日契約解除通知

 その上、契約書では契約期間11月1日から翌年10月31日、3ヶ月前(7月31日まで)に契約解除を申し入れない限り自動継続となっているのに、こともあろうが6月30日までで契約解除すると(3月ヶ月前に)通知してきました。

 三共水産㈱のこうしたやり方にたいして、静岡市場荷役㈱は、三共水産㈱の契約違反であると指摘した上で、従業員に払う退職金や解散手続きの費用などを確保するため、①10月31日までの請負代金、②会社解散手続き費用、③経営を困難に陥れた慰謝料を請求しました。

払うと約束した違約金(請負代金)も払わず

こうした当然の請求にたいし、三共水産㈱は①6月30日契約解除は撤回し10月31日とする。②10月31日まで仕事をするか、6月30日で終わるかの回答を求めると同時に、どちらの場合も10月31日までの請負代金を支払うと通知してきました、

 その問題をめぐっての6月26日の交渉でも、「請負代金は支払う」「即金か分割払いになるかは検討する」「その他の請求は、検討して金曜日(6月29日)までに回答する」と約束しました。

 ところが、三共水産㈱は6月28日「まったく払う気がない」旨通知してきました。静岡荷役㈱は、従業員に支払う予定だった退職金を払えなくなってしまいました。

 こうしたやり方は、親会社と下請け会社との取り引きの公正さや円滑さを求める公正な取引ルールにまったく外れるきわめて不当な行為です。

抗議先 三共水産㈱  代表取締役 松田喜則 電話 054-263-3205 FAX 054-263-9199

激励先 静岡荷役㈱ 代表取締役 縣 直二 電話 0537-73-3116(FAX兼用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「静岡市場荷役㈱を支援し、三共水産㈱の下請けイジメを正す会」に加入してください。

氏名           住所              電話番号

(管理責任者である県に申し入れますので、三共水産㈱のその他の不当行為についてもご連絡ください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 静岡市場荷役㈱の社長の縣さんは、37年前、当時の三共水産㈱の社長や役員に請われて、自腹で株式会社を設立、以後、三共水産㈱の社内ではやり手がない夕方~早朝までの市場荷役の社内外注の仕事を営々とこなしてきた。「静岡市場荷役㈱が頑張ってくれて、三共水産㈱が確実に運営できる」と評価もされ、三共水産㈱のために身を粉にして頑張ってきた。その後替わった経営陣による下請け業法に違反する契約金の引き下げや、業務の取り上げ、過重荷役の押し付けにも、我慢して三共水産㈱を支え続けた。そうした実直な縣さんだけに、今回の三共水産㈱のやり方には怒りが収まらないのだろう。

 この間、ボクも交渉に立会い、「自分の会社の都合で下請けに協力を仰ごうとするなら、こういう、契約解除という穏便でないやり方でなく、吸収合併などという方法をとり、社内の役職も用意して話し合えばもっとスムーズに行ったのに・・・」など、問題解決の方向も示してみた。また、このまま行けばお互いに不幸な方向に走るとも忠告してきた。しかし、そうした老婆心からでる示唆も、「雇ってやっている」という驕り高ぶった発想に陥っている三共水産㈱の経営陣には届かなかったようだ。

このチラシを見て怒った三共水産㈱の社長は「わしの会社をつぶす気か!」と怒ったそうだ。それにたいし縣さんは「私の会社はすでにつぶされたんですよ。あなた方に」と答えたようです。イジメっ子は自分がイジメられないと、気がつかないらしい。もう少し、自分達が静岡市場荷役㈱の社長や従業員だったらどう思うか、相手の立場に立って考えてみたらどうかと思う。もちろん、われわれは、最終的なつぶしあいに走るつもりはない。最初から穏便にことを済まそうと、話し合いにいき、関係省庁に訴え出ることや起訴も控えてきた。だが、今までの犯してきたイジメを真摯に反省しない限り、行き着くところまで行ってしまう。縣さんにとって、もう失うものはないからだ。そして、その立場に一方的に追い込んだのは三共水産㈱である。

 ミートホープ事件で明らかなように、経営は金だけではない。まじめに魚を大切に荷役・管理をしてきた下請けを、気にいらないと、自分の会社の合理化のために捨て、営利だけに走れば、その結果はミートホープをみれば明らかだろう。

食の安全が叫ばれている今だからこそ、気をつけなければならないとボクは思う。

最後に、民商が民間の会社を実名を上げることはめったにない。それだけ酷いやり方だということも、付け加えておきたい。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期総会

明日は、第39回定期総会。

多くの中小業者の願いが集まって、今日までの民商の歴史を作ってきた。

ある老舗のご主人の名文句「同じことをやっていれば、伝統が作られるわけではない。自らを変革しない限り維持・発展はない」

民商は、その時々のたたかいを通じて発展してきました。中小業者のニーズに応えられる活動なしには存続できません。

そのたたかいを作ってきた先輩の会員さん方に感謝です。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月

昨日から7月です。

御前崎の海水浴場では海開きが行われ、いよいよ夏真っ盛りです。

ということで、昨日は気分転換をかねてイサキ釣り(船釣り)です。のっこみの時期ということで、40cmサイズを30匹ほど釣りあげました。自分の家だけでは食べきれないので、近所に3件に配りました。

刺身、塩焼き、煮つけで食べましたが、ネットに紹介されていた新しい方法=新鮮な白子を湯通し・ポン酢で食べる、を試してみました。超美味です。フグの白子、カワハギの肝・・・・、そんな感じです。イサキは卵や白子が美味しいです。(わたくしごとの記事で申し訳ありません)

夏休みには、御前崎・菊川・掛川方面におこしください。旅館、民宿、船宿・・・紹介します。

ということで、日記も雰囲気を変えてみました。HPも、今月から新しい方です。20代前半のまじめな若い青年夫婦・バイク屋さんです。ご覧ください。

http://www4tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »