« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

消費税の還付

昨日、18年に開業したパスタ屋さんを訪問したら、「もう申告は済みましたよ」との話。

では開業にともなってした設備投資の消費税の還付はしましたか?と聞くと「えっ?そんなことできるんですか?」

その方は18年の支出が2,000万円くらいだということなので、支払った消費税はおおよそ100万円。18年中の売上が400万円ぐらいだと、貰ったとみなされる消費税は20万円。差し引き80万円の消費税が還付されるよ。

ただ、課税業者の選択は2年間の申告納税が必要になるけど・・・・、

簡易課税の選択を19年からしておけば、仮に800万円の売上でも消費税は40万円×40%=16万円だから、80万円ー16万円=64万円。消費税が戻る計算になるよ。

と、話した。

ポイントは、開業した年の12月31日までに、「当年の消費税課税業者届出書」と「翌年からの簡易課税選択届出書」を提出すること。書類提出が翌年になるとダメ。(ですから、新規開業した方は、すぐ(当年中)に民商に相談したほうがいいですよ)

でも、まだまだ知られていないのかな?

このやり方で、18年に貸店舗ビルを建てた小笠掛川民商の会員さんは約270万円還付です。

この方法は、新規開業ばかりでなく、大きな設備投資を予定している方にも適用されます。その時点で課税業者になっている方は、予定している前の年に「翌年の簡易課税制度不選択届出書」を提出。課税業者になっていない方は「翌年の課税業者選択届出書」と「翌々年の簡易課税選択届出書」を提出すれば可能になります。

(注1)ただし、翌年の売上の急増などの場合には、逆に多く消費税を納めなくてはならなくなることもあるので十分注意を。

(注2)税込み記帳だと、還付消費税を翌年に雑収入にしなければならなくなる。税抜き記帳で申告が必要。

イオンなど大スーパーはこれを利用して、地方に大店舗を進出。消費税納税を引き下げ、大きな店舗と少ない労働者(給与は消費税の控除対象にならない)で大もうけしています。

また、トヨタなど輸出大企業はもっとひどく、輸出戻し税で下請けが苦労して払った消費税を自社に還付。払うのでなく、年間数千億円もの還付です。ですから今後、消費税率が引きあがれば、あがっただけ、消費税がたくさん還付されます。下請け代金は下請けイジメで減らせばいい。こんな制度許せますか?

せめてもの庶民の知恵で、新規開業さんは消費税還付をしてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法人決算

今日は、12月決算の法人の方と、1月決算の法人の方が来て申告相談。

個人の申告でごった返している中だったけど・・・、

そこは、同じ思いの仲間同士。冗談を言ったり、教えあったり、和気あいあいで決算修正や申告書・別表・付表を書き上げました。

1月決算の方は今まで、税理士さんに依頼していたが、今期からパソコン自主記帳で決算。「こんなに簡単なら、もっと早くから民商に入って、自分で決算をやればよかった~♪」

新しい方は舞台照明の会社(東京・経理担当役員さんは地元の方)だったので、個人申告に来ていたジャズダンス教室の先生を紹介。教室の発表会の照明代で数百万円かけているとかで、舞台照明の話題で盛り上がっていました。演奏会や発表会などで舞台照明が必要な方は小笠掛川民商にご連絡ください。

副会長大石さんが千葉県松戸市の知り合いに商工新聞を勧め読者になってもらいました。さっそく、松戸民商に紹介、転籍してもらいました。松戸民商から大石さんにはお礼の電話。こうした拡大・紹介のしあいが全国規模で広がるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ作成会

作成会に参加している板金工事のSさんが素晴らしいホームページを作ってきました。

テスト形式で「天井にシミがありませんか?」「大雨のとき雨漏りがしたことがありますか?」「築後10年以上経過していますか?」などに答えると採点が出て、板金工事の必要な状況か否かを、すぐ分かるページです。これには青年部長さんも「素晴らしい!」とびっくり。

でも、採点の後の「不合格」の言葉を消したいと。

「できるはず」と、ワイワイ言ってやっていたら・・・・、

Kさん(可愛い女性)がやってきて、「こうやるのよ」とぱっぱっぱっと直してくれた。

「三人よれば文殊の知恵」 みんなでワイワイ・ガヤガヤ教えあうのっていいよね♪

小笠掛川民商のホームページを更新しました。ごらんください。まだ、まだ、アマティアっほいのですみません。http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害者控除

案外知られていないことですが・・・・、

障害者控除の対象は、障害者手帳を持っている人だけではありません。寝たきりとか要介護者など障害者と同程度の障害があると認められる人は障害者控除の対象になります。特に、要介護者は「障害者と限りなく近い」と税務当局も認めているところです。

こうした要介護者については、「市町村長の発行する認定書により、障害者控除の対象と認める」としています。また、要介護度1、2は障害者、3、4、5は特別障害者と認定している自治体もあるとか。

ところが・・・、

この規定が市町村によって徹底していない。申請しても窓口の職員が知らない。知っていても、後で責任を問われるのが怖いというお役所仕事から、「医師の診断を」(要介護者の認定の時に診断をしているのに)などと言って出し渋る。

こうした状態を打開するため、菊川市の議員(民商会員)が市長に改善を申し入れ、市長もこれに応じて「菊川市障害者控除認定」要綱をつくり、全職員に徹底をはかった。ある意味当たり前といってしまえばそれまでだけど、市長の英断に感謝したい。(「民商ってな~に」のページの全国商工新聞に載った記事⑤⑥に載っています。ご覧ください)

ボクの住む御前崎市では、いまだにこうした改善がされていない。それと比較しても、市政の違いを感じます。

ちなみに、ボクの祖母(要介護者)の障害者控除は、御前崎市(旧浜岡町)の認定書発行があてにならないので、認定書をつけずに障害者控除の申告をしました。当然のこととして、税務署からの問い合わせがありましたが、「市に認定書の発行を申請したが、職員が知らないようだし、やりたがらない。事実上障害者なのだから、税務署の方で調べたら」と答弁したら、署員が市の福祉課に問い合わせて、「障害者と認めます」と言って来た。以後ずっと障害者控除をして申告し、税務署からは問い合わせはなくなった。

ボクらのような知っている人間はこうした対応もできるが、そうでない人はせっかく受ける権利がある障害者控除をしないまま申告したり、年末調整を受けている人が多いと思う。

住民を守るべき市政がどこかを向いていると、税務署よりひどい対応になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税務署交渉

 朝、民商会長と事務局長とで税務署交渉。3・13重税反対統一行動・集団申告について署側と打ち合わせ。

 昨年、署側の無体な要求のおかげでトラブルっただけに、今回は、「寒いところへ引きづり出されてはかなわん」(署幹部の発言)と、ほぼ小笠掛川民商の要求通りになりました。(その寒い所を最初に指定したのは署側なのにねぇ)

 昨日21日は、共済会の拡大行動。9名の理事さんが参加して民商会員訪問。10名の方が新たに民商共済会に加入してくれました。参加した共済会理事のFさんは、会内だけでなく会外もと、その足で商工新聞読者も拡大してくれました。

 2月19日の青年部ボウリング大会は、平野青年部長や有海青年部員など14名が参加。キャー、キャー・ワイワイと2ゲームを楽しみました。(ずぅ~と昔の)元青年部長の渡辺民商会長も応援参加。

ところがその会長が現役青年部員を尻目に、優勝をかっさらってしまいました。会長ずっる~い!(笑)

でも、会長の若さに敬服。

Sucanseinenbu2a1 Sucanseinenbu11 Sucanseinebu51

 

昨夜は、三重県の友達のために相良の超マニアックな釣具店に行ってきました。他店では絶対売っていない「金州ガゴ」もおいてあり、早速4個注文、直接送ってもらい、直接送金するよう手配しました。宣伝も兼ねて渡した商工新聞・民商案内・ボクの名刺(民商事務局員)で信用され、話がスムーズにいきました。民商に勤めていてよかった~。(笑)

 聞くと、その店オリジナルの手作り真鯛竿(長いグラスロッド)を作っていて、三重の浜ちゃんの得意先の社長(釣り友)ら2名が御前崎に来た時に買って、5年間も使っていると! 見せてもらって、ちょっと(すごく)欲しくなりました。(笑)

 ネットで売れば売上が増えることはわかっているけど、注文が殺到して丹念に作ることができなくなる可能性があるのでやっていないとのこと。 こうゆうマニアックな店は、ずっと頑張ってもらいたいです。

あ~、ボクも、早く浜ちゃんしたい!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金対策のページについて

もう少し、分かりやすいように、更新しました。よかったら見てください。

先日、宮崎県の東国原知事のニュースのテレビ番組の中で、あるタレントさんが「結局、知事というのは、集めた金をどうみんなのためにつかうかだけだよ」と言っていましたが、国の政治でも、その簡単なことができない。税金の集め方、使い方は政治に直結する。だから、税金は至って政治的。

残念ながら、どうも、国の政治では、集め方も、強いものから集めず、弱いものからむしり取る。使い方も強いもののために使い、社会的弱者のためには使わない。

こんな弱い者イジメの政治を続けていると、教育現場にも「弱い者イジメ」が横行し、区議会、県議会の政務調査費の乱用といった腐敗が蔓延する。

東国原知事の演説には、日本国憲法の民主主義の精神が反映されていたように感じましたが、現実の政治の中でそれを貫き通して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主計算会&申告書記入会

いよいよ、確定申告。

民商では、各支部・各班ごとに「自主計算会&申告書記入会」を開催して、徴税攻撃に負けない自主申告を行おうと運動を進めています。

今日は、掛川東・掛川北・菊川・浜岡・大東の五会場で、自主計算会&申告書記入会を開催しました。

掛川北支部の自主計算会&申告書記入会では、おぼえた人が先生役になって、知らない人に教えます。ボクもポイント・ポイントをアドバイス。忙しいけど、ワイワイ・ガヤガヤ、楽しい計算&記入会です。

こうした中、掛川東支部では、相談を受けた方に呼びかけ、商工新聞読者になってもらいました。菊川支部では、会長さんや支部役員さんが奮闘して読者4名、会員1名(昨年の1月にパソコン教室を通じて読者に→「決算修正のやり方を教えて欲しい」と不動産屋さんが読者から入会)が増えました。

忙しいけど、がんばり時です。

ところが・・・・・、

この忙しい最中に、三重県に住む学生時代の友達から携帯に電話。「おい、海に行ってるか?」「釣れてるぞ!」「海釣り用のオモリ付コマセカゴ、三重では売っていないので、木曜日までに御前崎の釣り道具屋で買って送ってくれ」と!のんきな話。

おいおい、いくら浜ちゃんでもそれはないぞ。(苦笑)

まあ、サラリーマンには、申告時期の忙しさは分からない・・・・。

今夜は、青年部主催の「ボウリング大会」。ちょっとのぞいてみようかと思っていたんだけでど・・・・・、

建築業のご夫婦が「パソコン入力の間違い訂正のやり方を教えて欲しい」と来所。ボウリングは諦めてお付き合いしながら、この日記を書いてます。

どっちみち、この年齢ではボウリングをやれば明日は腕が上がらなくなってしまうのは確実。若い人に任せて、おいた方がよさそうです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無料法律相談会

バレンタインデーは、一昨日でしたよね。間違い、間違い。(笑)

ボケが始まりました~。

今日は無料法律相談会。元静岡県弁護士会会長の塩沢弁護士(小笠掛川民商の顧問弁護士)が相談にのりました。

相談は、相続、離婚、債権回収・・・さまざまです。

小笠掛川民商では、偶数月の第三金曜日に無料法律相談会を開いています。ご相談したい方は事前に民商にご連絡ください。

逆光で写りが悪いのですが・・・・

Gazo274_3831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税務署へ

明日から自主計算会・申告書記入会が始まるので、税務署へ所得税確定申告書(A・B・分離課税・損失)、消費税申告書(本則・簡易)、決算書(営業・農業・不動産)、納付書(所得税・消費税)、及び医療費・住宅取得控除などの書類明細などを取りにいった。

事前に頼んでおいたので、署もちゃんと用意してくれていた。でも、申告書Aなどが依頼数より少ない。署員は在庫がないのでと謝る。「還付申告をさせない気だな」と軽く冗談を言うと、「パソコンが得意なんだから、国税庁のホームページからダウンロードしてくださいよ」と若い署員。

紙とインクがもったいないじゃんと、また軽口を言ったが、早速、国税庁のホームページを開いて、「確定申告・青色決算書のDR」を「官庁等の書類のDR」のページに貼り付けた。確定申告書や青色決算書を書き損じた方は、ご利用ください。

まあ・・・民商に来れば申告書や決算書はいくらでもありますが・・・・(笑)

ついでに、総務課へ行き、3・13集会・集団申告のやり方などの打ち合わせ日を2月22日にしてと依頼する。総務課長も出てきて、OKだと返事。会長に伝える。

帰ってきて、二つの会社を経営しているオーナーさんが法人(12月決算・2月提出)の決算の相談。もうひとりは昨年税務署に入られて困って民商に入会された方のコンピューター記帳の相談。二人相手になんとか終わる。

やれやれと一段落していると、会員のコンパニオン経営者さんがチョコレートを持って来てくれた。「そうだ、今日はバレンタインデーだ~」・・・・

ありがたくいただいて、明日みんなで食べようっと。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡県中小業者集会・対県交渉

3月13日午前中、静岡県庁で県各課と交渉。午後、ニッセイビルで中小業者集会が開かれました。

対県交渉は、小笠掛川民商は国保関係の交渉団に加わりました。

要介護者の障害者控除の認定が市町村ごとに対応がまちまちな問題について、「厚生省・国税庁などの見解や通達を徹底するように」と申し入れ。

国民保険証取り上げ問題で、「特別な事情があるの場合は取り上げない」条項について、「不況で経営困難な場合も含めるよう」要請しました。

県の姿勢は、国民保険証取り上げなど県民イジメには即座に対応するが、要介護者の障害者控除認定など県民の負担軽減にはサボタージュする感じです。

午後の集会では、こうした県政や市政に対して、粘り強く中小業者のくらしや経営の困難の状態を訴え、交渉を重ね続ける必要性を意思統一した後、悪政に負けない大きな組織建設(商工新聞読者と民商会員の拡大)を誓い合いました。

当日、地元の掛川北支部では宣伝・拡大行動に取り組み、40数軒を訪問し、民商入会や商工新聞購読を呼びかけました。即座の購読入会には至りませんでしたが、「また、困ったら相談させて」「考えておくよ」など、行く先々で歓迎され、知らない店を発見したり、初めてお会いする人との会話など、楽しい行動になりました。

行動終了後、知り合ったパスタ屋さんでワイワイ・ガヤガヤ楽しく食事会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商工フェア・in shizuoka

2月11日は、静岡民商主催の「商工フェア in Shizuoka」が静岡ツインメッセで開催されました。

小笠掛川民商は次の友情参加しました。

①婦人部有志による開会セレモニーの「銭太鼓」出演。

②Tさんの発明品(電線の免震装置=地震の時に家と電柱を繋ぐ電 線が切れないようにする装置)展示。

③Nさんのお茶。

④Kさんの「おはたき」餅・お米など。

⑤Oさんの自動車。

⑥経営対策部などの農産物直売。

・・・・Kさんの「おはたき」餅は約100個持っていったけど、ほとんど完売だったようです。

みんなの感想は・・・・、

小笠掛川民商でもやってみたいね。

もっと展示が注目を集める配置や企画がほしいね。

食べ物の販売ももう少し多いほうがいいね。

などでした。

ともあれ、元気が出る、商売を発信する、いい機会になりました。

小笠掛川民商の経営対策部のみなさん、婦人部有志のみなさん、そして静岡民商のみなさん、ご苦労様でした。Gazo274_3691 Gazo274_3761 Gazo274_3781_1 Gazo274_3801 Gazo274_3791

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2・8全国中小業者決起大会

集会は、すしづめ状態で、参加者の熱気であふれていました。

小笠掛川民商は、東名事故・インター閉鎖にもめげず、29人乗りのマイクロバスで参加。途中、島田民商、藤枝民商、静岡民商、清水民商の参加者を乗せて、頑張って行ってきました。

それにしても、東名事故は盗難車によるものとか。ヒドイものです。インター閉鎖による経済損失を考えると、本当に重罪です。

でも・・・・、格差社会は、犯罪を生み出す・・・・。ここにも、悪政の影響があらわれているのかもしれません。

庶民増税反対・福祉充実、消費税率引き上げ反対、平和憲法を変えるな。こうした要求こそが、格差社会をなくします。

1兆円の大企業減税と1兆7千億円の庶民増税・・・政府の政策は逆立ちしています。

「悪政に負けてたまるか!」元気な、我が民商の頑張る副会長さんを見てください。

(注)バスの写真は、我が民商の会員は後ろに座っていて、前の方は他の民商の方々です。

Sucan009f1Sucan009c1 Sucan009a2 Sucan009b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東名で事故!

今日は東京・日比谷音楽堂で「全国中小業者決起大会」。わが民商もマイクロバスで朝7時30分に出発。ところが、東名が事故で吉田~焼津間がインター閉鎖。ニュースを見た事務局員(留守番役の)が携帯で緊急連絡。渋滞で身動きできなくなることは避けられましたが、焼津まで下道。大分遅れ、参加者の皆さんは大変な目にあったようです。

まだ帰っていませんが、お疲れ様です。

同じ日に事故は重なるのでしょうか?内田小学校の近くの交差点で、2回も事故があったようです。気をつけましょう。

東京といえば・・・・、今日、東京の演劇関係の会社の役員さんがパソコンをもって来所。役員さんの住まいはこちらなので、小笠掛川民商に入会してくれました。

(・・・・・東京の民商さんごめんなさい)

いいことばかりではありません。

ボクが食事で留守の間に・・・、

数日前にホームページ掲載依頼があった方から、「来ると言ったのに、いつまで待っても来ない!」「民商をやめる」との電話があったそうです。

真相は、電話のあった翌日に担当事務局員がいち早く資料を届けながら訪問したが、「資料は置いてきたが留守で会えなかった」との報告を受けていました。

ボクがいれば・・・・

その経緯をお話しして、「自分の要求を無視されているのでは?」という誤解を解くことができたのに・・・・、

行き違いから、こういうふうになることは残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間を増やそう

小笠掛川民商の仲間(商工新聞読者・民商会員)は、御前崎市に約170名、菊川市に200名余、掛川市に660名余、その他の地域に約20名、合計1,050名です。

今日、原野谷支部のAさんから「知り合いに呼びかけて、商工新聞読者になってもらったよ」と連絡あり。会員さんのこうした拡大運動に頭が下がります。本当にありがとうございました。

「不況・増税・格差社会生み出す悪政に負けてたまるか!」仲間を増やし、自主計算・自主申告運動、要求実現運動、署名運動・対市交渉・対県交渉・国会要請で、私たち中小業者・国民のくらしと、営業を守ろう。

これは、小笠掛川民商の今年の春の運動のスローガンです。

明日2月8日は、国会要請・全国中小業者決起大会です。代表団がマイクロバスを借り切って、東京・日比谷音楽堂に行きます。

「平和でこそ商売繁盛」「庶民が潤ってこそ、真の景気回復」。いまこそ、みんなで声を上げ、頑張りましょう♪

追伸

民商ホームページの「関係省庁申請資料のダウンロードなど」のページに、新たに農業関係の融資、漁業関係の融資のリンクもつけました。農家の方、漁師の方は、ご覧ください。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

パソコン記帳の決算会です。

決算では、現金主義でやっている方は、発生主義にかえなくてはいけません。

売上では、当期の入金から期首の売掛金をマイナスし、期末の売掛金をプラスして、正確な今期の純売上を算出します。

パソコンに記入できても、これをやらないと、間違えます。気をつけましょう。

様子を写メに載せようとしたら、「それならそうと、最初から言ってくれたら、もっと化粧してきたのに・・・(笑)」とお叱り。

写メは次回にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金対策のページについて

全商連発行の「日常的な自主計算活動を」の本から、「税務調査についての10の心得」「滞納処分から身を守る法 10の対策」を転載しました。ご覧ください。

民商会員Aさんより、コメントをいただきました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がついたら

匿名希望の青年さんから、保険業法問題で賛同のコメント。

うれしいです。これからも、この日記を覘いて是非コメントください。

昨夜は、掛川東支部の拡大行動。支部役員さんが頑張って、会外業者に呼びかけ、2名の方が全国商工新聞を購読してくれるようになりました。

今日は「パソコン記帳の決算がわかるセミナー」です。

今まで、計算センターを利用していた会員(建築工事)さんが、今年からパソコン記帳を始め、決算修正に来ました。

また、今年5月に第1期目の法人決算を迎えるという若い会外業者の方が、二人で相談に来てくれました。全商連の「日常的な自主計算を」の本や民商ホームページを熱心に見ながら、「相談できるところが欲しい」との話で、ぜひ、お試し入会してもらいたいなと思いました。

そのあと、カナダに10日間行っていたという輸入雑貨の店の女性オーナーさんが、お土産の大きなチョコレートを持ってきてくれました。パソコン記帳の相談です。ホームページの「会員さんの店」にも載せたいとの話でした。

お土産は、さっそく、セミナーや記帳会に来ていた女性陣がいただきました。美味しかったです。多くの方がワイワイ・ガヤガヤと集まるのは楽しいものです。

今夜は、「パソコン記帳の決算がわかるセミナー」夜の部と、サラ金クレジット被害相談「つくし道場」、桜ヶ丘支部の拡大行動です。

さあ、もうひとふんばりしよっ。(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商工新聞ポストおろしの日なのに・・・・

法人決算(パソコン記帳)の相談や、計算センターコンピューター青色記帳を始めたいという相談に対応していて、まだ、まったく準備してない・・・・(>_<)

それにしても、赤字決算なのに、消費税の予定納税だけで約500万円。大変だな・・・。

・・・・そんなわけで、今日は、これでお終い。

さあ、がんばろう!

・・・・・・・・・・・・・・

やっと終わりました。ふ~う。

(続き)

「女性は子供を産む機械」・・・・小笠掛川民商婦人部は怒りの抗議文を送りました。

どこを押せば、こんな発想が生まれるのか?男のボクでも唖然です。

当人は「女性が産まなきゃ子供は増えない」と言いたかったようですが、それこそ問題でしょう。

子供が欲しくない親なんていないんですよ。

いくら産みたくても非正規採用でワーキング・プアーを生み出し、福祉切捨てと規制緩和、庶民大増税で格差社会を生み出し、その上消費税を上げようとする。庶民から子供を産み育てる展望を奪ったのは誰だったのでしょう?

借金まみれで、学校へ行かせられなくて、出生届けを出してもらえなかった青年が、犯罪を犯したと今朝のニュースはつたえた。サラ金・闇金の過剰貸付と暴力的な取立てを放置していた政治・・・。

こんな政治が続くかぎり、産めないし、産んだとしても、犯罪を犯さざるをえなくなる社会は拡大再生産される。

そういうことが、税務署長・大蔵官僚・大臣になると分からなくなるのでしょうか?

ともあれ、地元出身ということで、全国の皆さんに掛川地域の男性はこういう発想をするのかと誤解されるのは、まっひらですね。

http://www4.tokai.or.jp/kakegawaminsho/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »